アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

The Darkest Hour

 

『プロメテウス』のスタッフが放つ、地球滅亡までのカウントダウン――人類・粉砕。

今回もまた地球外生命体に地球が侵略されるお話。

 

通常は、親切にもエイリアン達は事前に告知のようなものをしてくれますが、今回はそんなものは一切ありませんでした。

 

本筋には一切関係のないビジネスでだましただまされたのお話が冒頭にあり、その後派手なナイトクラブでご酔狂している間に、エイリアンが美しく地球に到着します。

 

あっという間に駆逐される人類達。

 

さて、今回地球を救うのは彼らのうち誰なのだろうか。

 

話が進んでいくと、これは鉄板の内容であることに気づきます。

 

誰が生き残るかなんとなく予想がついてしまい、そのとおりの結末に。

 

RPGをあんな至近距離でぶっ放して大丈夫なのか少し気になりましたが、こういった映画は細かいところはおいといて、ざっくりと楽しむものでしょう。

 

都合のよい箇所もいくつかありましたが何とか今回も地球は救われそうです。

 

さらっと見れて、ストレスのたまらない1本ですね。

 

女性が3名登場しますが、最後に登場する少し年下の女性がいいですね。

ヴェロニカ・ヴェルナドスカヤと下を噛みそうな名前ということまでわかりました。

 

ちょっと気になりますね。

リップヴァンウィンクルの花嫁

 

七海、二十三歳の受難。嘘(ゆめ)と希望と愛の物語。東京の片隅で、それなりに普通に生きてきた私。しかし、その“普通”であることは、こんなにも残酷に、そしてあっさりと崩壊してしまった…。結婚相手でさえ、ネットの出会い系サイトで捜すことができ、家族や友人などの人間関係さえ、サービスとして購入できるこの時代、物事をあまり考えず、感情を波立たせず…というように“人並み”に生きてきた一人の女性が、いろいろな出会いと経験を通して、生まれ変わっていくという現代版「女の一生」。岩井俊二監督の国内での12年振りの実写作品であり、主演には正に旬の女優・黒木華を迎え、新たな岩井作品のミューズとなる。また、共演には綾野剛、シンガーソングライターのCoccoといった圧倒的な存在感を示すキャストが集う。(C)RVWフィルムパートナーズ


スワローテイルに引き続き、Amazonプライムで紹介されていたので見てみました。

 

特徴的なのがタイトル。これまた聞きなれない名前ですよね。
なんとなくその響きから妖精とか精霊なのだろうかと思いながら見始めました。

 

冒頭から1時間。主人公のナナミ(黒木 華さん)の悲劇がひたすら続きます。
さすがにあれはかわいそう過ぎるでしょう。彼女は一生懸命生きているんですよ。

 

確かにふわふわとしたところがあり、自分が何者かを見定められていないところははあるかもしれませんが、みんなそんなものじゃないですか。

 

頼りない彼女は何度も何度も弾き飛ばされてしまいます。そんな彼女を助けたのは、ネットで知り合った何でも屋の安室(綾野 剛さん)。

 

この何でも屋の存在は明かされることなく物語は進んでいきます。
彼はいったい何の目的で彼女を助けるのか。

 

「ランバラルの友達ですから。」と何度か言っていますが、さすがにそれだけではないでしょう。彼の怪しさは最後まで楽しめます。


映画を見始めてしばらくすると現れる花嫁。あれ、ここで結婚。とするとこの人がリップヴァンウィンクル

そんなはずはないだろうと思いながら展開を待っていると、あっという間にナナミは離婚。

 

傷心の彼女の前に現れたのは売れない女優を10年やっている人懐っこいお姉さま(Coccoさん)

 

この人の足がものすごくきれいで、思わず見とれてしまうのですが、どうやら彼女がリップヴァンウィンクルらしい。

 

彼女の花嫁?ああ、ますます意味がわからない。

 

意外な展開に混乱しながら後半に突入すると、急に緩やかなテンポに切り替わってしまいます。

女性2人での気ままな暮らし。ナナミはささやかながら幸せをつかんだのかと思いました。

確かに楽しそうではあるのですが、後ろに見え隠れする妖しい影とでも言いましょうか、寂しさといいましょうか、壊れてしまいそうなはかなさといいますでしょうか、なんだか不穏な空気が少しずつ映画全体に充満してきます。

 

そして、楽しい生活は一晩で一気にひっくり返る。

 

あのシーンがこの映画の山場かと思ったら、もう一山ありました。
3人で昼間っから焼酎を飲むシーンですよね。

 

この2つの出来事がきっかけで、ナナミは切り替わったのだと思います。

ラスト、再び小さな部屋に戻って自分の足で歩き始めるナナミ。


そのシーンはよかった。いろいろなものから開放された彼女がいったいこれからどうやって生きていくのか。

彼女のよいところを大切にしてくれる人に出会えたらよいなと思いました。


最後まで安室の正体は明かされず。それがちょっと消化不良だったのですが、素直に考えれば、ナナミが金になると思ったから近づいたのでしょう。


彼女を完璧にコントロールし、彼は大金を手にしたわけですから。

 

そして、安室が狡猾なオオカミだとしたら、ナナミは幸薄いヒツジですね。この2人の雰囲気が最高です。

 

ナナミを守りたいという思いが前半しっかりと根付き、それを抱えたまま後半を楽しむことができ、この映画3時間もあるのですが、まったくその時間を感じさせないです。

 

作中に出てくるクラムボン、カムパネルラなんかもそれぞれきちんと意味があって使われており調べ始めるともう1回みたくなってしまいます。

 

邦画はあまり見ないのですが、これはオススメしたい1本です。

あと強烈にオススメされているリリーシュシュのすべてというのがあるのですが、
これはまだプライムでは見られないみたいなのですよね。

これも楽しみだ。早く解禁されないかな。

 

フィフス・ウェイブ

 

ある日、地球から400km上空を巨大な飛行物体が周回し始めた。人類はこの知的生命体を<アザーズ>と呼んだ。ニュースでこの衝撃的事実を知った女子高生のキャシー(クロエ・グレース・モレッツ)の平穏な日常は、この日を境に崩れ去って行く―。圧倒的知能を持つ生命体<アザーズ>により4度の攻撃を受け、人類の99%が死滅。壊滅状態となった地球で生き残ったキャシーは、人間と見分けのつかない<アザーズ>への恐怖に支配されながらも、第5の波を止めるべく彼らの秘密を探り始めるが―。

 

このパッケージの女性はもしかして、クロエ・グレース・モレッツさんではないですか。これは見なくてはならないということで早速ダウンロード。

 

今回は高校生役でしかも主役です。クロエ氏好きなら絶対にはずせない1本ですね。

 

タイトルどおり、地球を侵略しに来たエイリアンの攻撃は5回行われます。

1回目は電磁パルスによる電子機器の破壊

2回目は大地震と洪水による沿岸部の破壊

 

それからそれから、4番目までは割りとさらっと進みます。

 

それでもしぶとく生き残る人類を完全に抹殺するために5番目のWaveが行われるのですが、4番目と5番目はちょっとあいまいです。

 

4番目の段階であまり苦労せずとも地球は侵略できるのではないかと思うのですが、少年・少女兵という非人道的な方法で、5番のWaveが始まります。

 

クロエ氏はこの5番目のWaveからはちょっと外れたところからさまざまな事件に巻き込まれます。

 

途中にイケメンが現れて彼女と恋に落ちるのですが、キスシーンは当然飛ばしますよ。
だって見たくないですから。

 

このイケメン、エイリアンと人間の間の存在という設定なのですが、純粋な人間であるクロエ氏に心を奪われてしまい、エイリアンであることを放棄します。

 

愛という考え方がなかったエイリアンが愛に目覚める。
なかなか罪深い女です。

 

正直に見えてうそつきだったり、うそをついていると思いきや本心だったり。
このイケメンもなかなか難しい役どころだったと思います。

 

そして、基地から憧れのベンとともに弟を救い出し、ピンチの際にあわられるのがこのイケメン。微妙な空気が3人の間に流れます。

 

ここで、男同士でクロエ氏を取り合うのか?それともクロエ氏がどちらか選ぶのか?
と少し緊張したのですが、彼女を助けたらさっさと消えてしまいました。

 

なんとも都合のよいキャラクター。
せっかくなんでもう少し人間との関係性を見たかったと思いました。

 

前半はなかなか楽しめて、あっという間の1時間だったのですが後半はなんだか物事がすんなり進みすぎてもう少し紆余曲折があってもよかったのではと思いました。

 

そしてラストシーン。

 

これまたふわっとした感じで終わるんですよ。

続編を考えてのことでしょうが、続編を見たいかといわれるとうーん。
クロエ氏が引き続き主役として出るなら見るけれどもといったところでしょうか。

 

ということで、クロエ氏が好きなら是非見て欲しい作品です。