アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

レベル16 服従の少女たち~最後はもうちょっと盛り上がって欲しかったなぁ

 

16歳のヴィヴィアンとソフィーは、孤児として幼いころからとある寄宿学校で育てられてきた。少女だけのその学校では、「服従」と「清潔さ」が美徳として重んじられ、外界との接触は一切絶たれた規則正しい生活を送り「純潔」を保った結果、優秀な生徒は素晴らしい家族に里子として迎えれ…

 

人間を飼育する系のお話が最近はやっているのかな。

 

人間は成長が遅いので一人前になるまでに16年もかかるとなると事業としては厳しいかなと思います。

 

また、大きさや色の濃さなども好みがあるでしょうから、あの程度の人数では顧客のニーズは満たせないと思うのです。

 

子供のころからの育成費用と、法を犯すリスクを考えると1回あたり数十億円を超える取引となるでしょう。となると購入する層もかなり限られる。

 

いろいろと考えるとやっぱりそこらへんにいる人を捕まえてきてなんとかするのが手っ取り早いのでしょうね。

 

と、映画を見てひどいことを思いついたのですが、冒頭からなんとなく結論が読めてしまうお話でした。

 

うら若き乙女たちが、楽しそうに集団生活を送っている。
彼女達の生活は完璧にコントロールされ、本人たちは思考停止でひたすら従うことを求められる。

 

レベル10の時にちょっとしたイベントが発生します。
この設定は面白いと思いましたが、その後の展開にもう少し盛り上がりが欲しかった。

 

結局あの2人の友情を深めただけ?いやいやもうちょっと複雑な結果になりそうな気がするのです。

 

晴れてレベル16になった少女たち。


やっとこの隔離生活から解放される日が近づいてくるのですが、真実に気づいた2人の少女が抵抗を始めます。

 

クライマックスの自分の顔を傷つけるシーンは衝撃的でした。


私はあのメスを医師に突きつけるのかと思いましたよ。
よし、やったれ、仕返ししてやれ~と思ったのに、まさかの展開。

 

その時の医師のセリフはちょっと悲しいです。貧しい彼女たちは売られたのです。
もし彼女達があのまま実の親と一緒に暮らしていたら、悲惨な暮らしになっていたことは間違いないでしょう。

 

ボロボロの住居に住み、食べ物はロクにもらえない。
もしかしたら両親からひどい暴力を振るわれるかもしれない。
それが原因で命を落とすこともあるでしょう。

 

なんとなくひどい虐待を受けるシーンが思い出されて悲しくなってしまいました。

 

あの医師が彼女たちを救ったというのはあながち間違いではないかもしれません。
しかし、十分な教育を受けなかった彼女達は果たして世の中に順応していけるのか。

 

世界にはこういうことやっている国はありそうですよね。
ちょっと怖いですね。

 

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)~過去の栄光に追い立てられる男のお話

 

第87回アカデミー賞(R)で最多4冠!(作品賞/監督賞/脚本賞/撮影賞)全編1カットかと見紛う長回し映像で圧倒的なリアル感と臨場感は必見!!かつてスーパーヒーロー映画で大スターとなったが仕事も家族も失った落ち目の俳優が、復活を賭け奮闘する様をブラックユーモア満載で描く、人生再生のドラマ。

 

何とも不思議なタイトルですよね。

 

何をさしているのかは、おそらく作中で語られると信じて映画を見始めました。

 

主人公はリーガンという初老の男性。


彼はかつてバードマン役で一世を風靡しましたが、それ以降は鳴かず飛ばずの俳優です。そんな彼が再起をかけて舞台に挑戦するというのが大きなあらすじです。

 

映画を見て感じたのは、リーガンはいろいろなものを背負いすぎなのではないでしょうか。家庭のこと、娘のこと、それから舞台のこと。

 

焦りなのかプレッシャーなのかわかりませんが、楽屋で暴れるシーンは何とも言えない気分になります。

 

そんな彼の心の叫びに呼応するようにバードマンが登場します。

 

このバードマンはリーガンのイマジナリーフレンド…ではないですか。
心の中の闇や自分の欲望というほうが良いかもしれないです。私は味方ではなく敵に見えました。

 

バードマンが登場すると、リーガンは超能力のようにモノを投げたり、空を飛ぶことができます。


この描写から彼はバードマンの栄光が忘れられない男なんだということがわかります。
ありきたりな言葉ですがバードマンの呪いです。バードマンを黙らせなければリーガンの幸せはないのです。

 

ですが、そんなリーガンを笑うことはできません。
男ならだれでも思うはずです。まだいける、俺ならやれる。


それなりに年をとりそれなりに死ぬという考え方もありますが、それってちょっと寂しい。

 

リーガンは多くの困難に打ち勝ち、公演の準備を進めます。

 

プレビューでちょっとしたハプニングがありました。これが原因で舞台は世間から大注目され、リーガンは再び時の人になります。

 

もしかしたらこれが、予期せぬ奇跡で彼は栄光を取り戻すのかと思ったのですが…
え、銃?実弾?それはいかーん。

 

で、ここから不思議なエンディングに向かうわけなのですが、リーガンってやっぱりあの時死んじゃったんじゃないかな。


それか、生死の境をさまよっていてサムが来たタイミングで結局死んじゃうと。ちょっと飛躍しすぎですかね。

 

そうでなければサムが窓から顔を出して上を向き微笑む意味が分からない。
あの花束とか、花の匂いがわからないとか、そのあたりって死を示していないですか?

 

素直に見れば彼は一命をとりとめて、過去の栄光を取り戻したということになると思います。


彼はバードマンに打ち勝ち、バードマンそのものになったはずですが、飛び降りを彷彿とさせるようなシーンが挟み込まれるじゃないですか。


少し前にあったビルの上に立つリーガンのシーンも頭に残っています。

 

だめだ、私の頭ではわからない。

 

それにしても、演劇界や芸能界を揶揄しているのか、離婚した元妻と恋人が同じ舞台に立ったり、EDの男が舞台の上で突然やる気になったりとか貞操観念が無茶苦茶で人類みな兄弟という世界です。

 

見る人の生きざまによっていろいろな解釈がありそうないい映画だなと思いました。
こういう映画はいいですね。

テール しっぽのある美女~ちょっと怪しい雰囲気の1本ではあった

 

テール しっぽのある美女

テール しっぽのある美女

  • メディア: Prime Video
 

犯罪現場の清掃の仕事をするレオとエルビスは、今までにない凄惨な現場で、監禁されていた裸の若い女性を見つける。冷蔵庫に保管された尻尾、壁一面の資料。彼女は一体何者なのか―?(C)2012 Yesbox Productions.

 

1時間ちょっとしかない短めの1本。

 

パッケージには妖精がなんちゃらって書いてありますし、ホラーっぽいのかなと思って見始めました。

 

映画の冒頭って制作会社の名前がでかでかと登場するのがいつものパターンですが
今回はどういうわけかいきなり映画が始まる。

 

カセットテープから聞こえる不明瞭な音。怪しい男の声と悲鳴?
あらら。やっぱり怖い話なのか。

 

何とも思わせぶりな冒頭のシーンが終わったら出演者や配給会社のロゴが現れ、2人の特殊清掃員が現れます。

 

きっと彼らが何かを発見して、物語はスタートするんですよねーっと思っていたら、意外なところから現れました美女が。しかもすっぽんぽん。

 

肉付きの良い美女でちょっと心奪われてしまいます。
病的なほど細いとか、異常にスタイルが良いとかじゃないのがすばらしい。

 

結局彼女は人間っぽいけど人間じゃなくて、最終的には悪い奴をとっちめて森に帰るってお話でした。

 

登場するのはしっぽを切られた美女なので、「しっぽのある美女」っていうタイトルはちょっと違和感あるのですが、まあ細かいことはいいでしょう。

 

がんが消えていたりとか、彼は再婚?金を無心してくる妻は新しい妻?
なんだか2人の清掃員の背景がよくわからなかったのですが、これはお国柄が関係していると思われます。

 

そして、彼の子供の写真と実物が違いすぎるのに驚いたのですが、本当に同一人物だったのだろうか。

 

個人的にはあの美女と清掃員のどっちらかが恋に落ちちゃってさ。
涙を流しながら最後離れ離れになるっていうのでも良かった気がするんですよね。

 

ありきたりだからつまらないと思ったのかな。

 

ストーリーや設定は特に可もなく不可もないといった内容でしたが、あの人もどきにはなにやら触れてはならないような怪しい雰囲気がしました。