アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

ホテル・ムンバイ~悲劇のエンターテイメント化は許されるのか~

 

2008年、五つ星ホテルで起きたテロからの、奇跡の脱出劇。ホテルマン、そして人間としての愛と誇りを賭け、ひとりでも多くの命を救おうとした”名も無き英雄たち”。彼らは<信念>だけで、銃に立ち向かった。(C) 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

2008年に発生したムンバイの同時多発テロをテーマにしたお話です。

 

冒頭にボートに乗って接近する男たち。アッラーアクバルって言葉がでた時点で、こいつらがテロを起こすのかと思ってしまいます。

 

こういう決めつけはよくないんですけど、すでにメディアに洗脳されているんでしょうね。イスラム原理主義が悪って思ってしまうのは、やっぱりアメリカの影響なのでしょうか。

 

インドのムンバイにある高級ホテルタージ・マハールイスラム原理主義のテロリストに占拠されます。

 

彼らはホテルの客と従業員を惨殺し、ホテルを燃やし尽くそうとします。
そのホテルに閉じ込められた客と従業員が特殊部隊に救出されるまでの様々なドラマが描かれています。

 

見せ所もしっかりあって飽きもなく、とても面白かったです。
生存者たちにやや高級感があるのが気になりましたが、特にテロリストたちの演技が良かったです。

 

乳飲み子がいたり、口の悪いけど人を助けるおっさんがいたりとややエンターテイメント化されていたのはちょっと残念な気がしました。

 

逃げまどい恐怖のうちに殺された人もたくさんいたと思います。
ビルから飛び降りる人、一矢報いようとテロリストに対抗しようとした人もいたと思います。

 

そういう人たちがいるにもかかわらず、ラストは生存者の拍手で終わるというのは素直に喜べませんでした。

 

バックパッカーとして一人の女性が登場します。
これまたものすごい美人で日本人っぽかったのですが、調べたところオーストラリアの女優さんでした。

 

ja.wikipedia.org

 

うーん、ちょっと気になるな。この人の作品少し見てみようかな。

 

9.11の事件もしかりですが、資本主義とか成功の象徴とも考えられるものをめちゃくちゃにするというのはテロリスト達にとってたまらない行為なのでしょうね。

 

 

ジュマンジ/ネクスト・レベル~家族で映画を見るのは楽しい。

 

ゲームクリアから2年、高校生だった4人もそれぞれの道に進み、今は大学生。しかし、あの時の興奮が忘れられず、破壊したはずのジュマンジを修理し始めるスペンサー。その瞬間、またしてもゲームの中に吸い込まれてしまった。仲間を救出する為、マーサたちは再びジュマンジの中へー。しかし、壊れたゲームの世界はバグってキャラ設定はめちゃくちゃの上、新たなステージが追加され難易度もレベルアップ。果たして彼らは全クリアし現実世界に戻ることができるのか?! 無理ゲーのレベルを超える体感型アクション・アドベンチャー!!

 

ジュマンジシリーズ第2弾。キャストが前回と同じだと安心感がありますよね。

 

第1作目のウェルカム・トゥ・ジャングルのラストで残された古いゲームハード。
となれば行くでしょ、ジュマンジに。

 

主人公のちょっと気の弱そうな男が、今回は単身で乗り込むわけですが、それでは映画が成り立たない。

 

他のキャスト+じいちゃん×2名で参戦です。

 

全体的な流れは前回とほとんど同じ。これも安心ができる。


唯一違うのは、入れ替わり???

 

ちょっとベタな気もしますが、これがなかなかカオス感があって笑えました。
でもswitchのスキルを持っていたのって一人じゃなかったっけ。。。

 

スキル持ちのプレイヤーと同時に水につかることで、発動するのかもしれませんが、
まあ細かいことは気にしないことにしましょう。

 

もうね、最後までベタベタの展開ですよ。ライフは全員あと1になりますし、ボスキャラに追いつめられるけど、手に入れたアイテムが役に立つとかさ。

 

じいちゃん2名もしっかりと役割を果たしてめでたしめでたし。

 

いいですね。こういうのは。

 

見た目にもわかりやすいストーリーですし、お色気もないので家族で安心してみることができました。

 

そしてラストはやっぱり含みのある形で終わってしまいました。

 

これはパート3も期待できそうだ。家族みんなで楽しみにしています。
パート3が完成するころにはコロナが落ち着いて、映画館でみたいなぁ。

 

ただ、そうすると子供が付き合ってくれるかどうか。。。

 

アクアマン~CG・アクションすごかった。めでたしめでたしもよかった。

 

“冒険と驚異の映像、怒涛のスペクタクル” 『アクアマン』では、1人の英雄の誕生秘話が明かされる。人間とアトランティスの2つの血を引くアーサー・カリーは、自身の運命を確かめるための旅に出る――自分は何者なのか、本当に王となるべき男なのか……それを見極めるために。 Rating G AQUAMAN and all related characters and elements are trademarks of and (C) DC Comics. (C) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

アクアマン2につながりそうなエンディングで次回作も期待できますよね。

 

正義のヒーローは常に正しいというご都合主義ではありましたが、CGと組み合わせたバトルやアクションはかなり迫力があります。

 

残念ながら私はスマホの小さな画面でしか見れませんでしたが、映画館でみたら本当に素晴らしかっただろうなと思います。

 

海の神様といえば三又の矛ですが、この武器はちょっとそそられますね。突き刺したり、たたきつけたり。棒術に近いアクションになりますがカッコイイ。

 

自分の身長よりも大きいので、防御に使ったり銃のように構えて変なビームを出したり。


最後の必殺技も納得です。水と棒術で考えると確かにありな必殺技です。私はどうせ矛の先からビームが出るのかと思っていました。

 

その他、雑魚キャラの兵装も宇宙戦争チックな感じでこれまた好みのフォルム。
唯一残念だったのが、ブラックマンタのヘルメットです。

 

あんな火星人みたいなのにしなければよかったのに。


彼は悪い奴ですが、アクアマンなんかよりも数倍努力していますし、動機がシンプルなので感情移入しやすい。

 

もらった兵装を勝手に改造して黒く塗っちゃうあたりもかわいらしいじゃないですか。
やられてもやられてもあきらめないバイキンマンを彷彿とさせます。

 

あそこで彼の父親を助けていれば、もしかしたら海賊をやめてアクアマンを助けてくれたかもしれないのに。

 

それからメラという女王様が無茶苦茶強いの。下手したらアクアマンより強い。そして母親も超強い。

 

彼女達の力が強すぎて、アクアマンじゃなくても世界は救えたのではないかと思ってしまいます。

 

最後はきれいに丸く収まってめでたしめでたし。エンドロールのあとにちょっとだけ映像が残されていますのでお忘れなく。

 

ユーモアあり、謎解き要素ありとボリュームたっぷりな1本です。家族で見るのもオススメです。