アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

究極の対決!世界の凄腕スナイパー~なにより参加者が楽しそうなところがいいです~

 

世界で最も優秀なスナイパーを決める大会に、軍、警察、連邦機関のエリートなど、世界各国から凄腕の現役スナイパーが集結!7つの競技を制し、勝利に輝くのはどのチームだ!?

 

スナイパーといえば、荒野でギリースーツを来て、数時間一ミリも動かない。現れた標的を数秒で始末し、後を去る。

 

そういう待ちスナイパー(ゲームで言うところのイモスナ)ばかりかと思っていましたが、戦場では結構アクティブに動くんですね。

 

敵襲があれば銃弾が飛び交う中でも瞬時に敵をみつけ、排除する必要があります。


スコープを覗くばかりではなく走って長距離を移動したり、車やヘリコプターに載っての銃撃、それから人質の救助や拠点制圧など、おおよそ一般兵士がするようなことは一通りこなすんですね。

 

で、面白かったのは、スナイパーは2人1組で行動していて、一人が観察者、もう一人が射撃者で、二人は入れ替わることができるらしい。

 

知らなかったなー。映画などでよく見るスナイパーは単独で無口で、でっかいスコープに長い銃身でズドンといく感じですが、確かに実運用を考えると観察者は必須ですよね。

 

この映画はスナイパーの全般の技能を争う大会をレポートしたものです。

こんな大会があることも驚きますが、私のようにそれを見たいという人が一定数いるからこの番組が作られたんでしょうね。

 

湾岸警備隊、軍隊、警察など結構いろいろなジャンル、さらにはアメリカ以外からの参加者もおり、大変な盛り上がりでした。

 

残念ながら女スナイパーはいませんでした。そういえば作品中に女性は一切出なかったかも。

 

後の表彰式の観客の中に数名女性が混じっていた程度か。

 

標的となる金属の板のようなものがあまりにも遠いのですが、Hitしたかどうかの判断ってどうやっているのですかね?

 

近くにカメラがある?何か音がするような仕組みになっている?

 

参加者がみんな楽しそうだったのが印象的でした。

 

サバイバルファミリー~サバイバルっぽさはなし。田舎暮らしと家族のお話。

 

サバイバルファミリー

サバイバルファミリー

  • 発売日: 2017/09/20
  • メディア: Prime Video
 

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか!?今、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる!!(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

もう少し都会のサバイバルって感じで、狭いマンションの1室で長期間生活していく感じが見たかったなぁ。

 

例えば、食料を求めて隣人が襲い掛かってくるからバリケードを作ったり、ベランダできゅうりを作って飢えを凌いだり


結果的に井戸水のでる田舎に到達し、田舎はいいなで終わってしまった気もします。

米やのおばちゃんと物々交換するシーンとか、値上がりする水を交渉でまけさせるシーンとか、ああいう感じがもう少しあっても良かったのに。

 

とても残念なのが、パパが終始情けない感じだった点です。

逆転シーンは一つもなく、したたかなママ(私の好きな深津絵里さん)の独断場になってしまいました。家族で見ていたのですが、なんだか私まで悲しくなってしまった。

 

子供達はもしかして、「パパと一緒だ」と思ったのか、「私のパパはもう少し役に立つから良かった」と思ったのか。


後者であると思いたいが、実際はどうなのだろうか。。。

 

バッテリー液は飲めるということにびっくり。調べてみるとただの精製水らしい。
味はしないけどこれだと確かに飲めますね。これはサバイバル知識として覚えておかなければ。

 

あと、猫缶は味は薄いかもしれませんが、絶対おいしく食べられます!

 

こちらも家族みんなで見たのですが、子供達も意外とサバイバル知識を持っていて、アレは食べれるとか、これはやったらダメとか、聞いてびっくりです。

 

最近いろいろあるので、もしものときに活用できる知識って身につけておきたいですよね。

 

今後の事を考えて、ヘビを捕まえて料理できるくらいのスキルは身につけておいたほうがいいかな。

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~いつものクレしんネタたっぷり。マサオ君がんばれ~

 

春日部にある中華街、≪アイヤータウン≫。マサオの誘いで伝説のカンフー、ぷにぷに拳を習うことになったしんのすけたちカスカベ防衛隊は、カンフー娘・ランとともに修行に励んでいた。一方アイヤータウンでは、謎のラーメンが大流行。その名も・・・“ブラックパンダラーメン” 一度食べた人はヤミツキになり、凶暴化してしまうおそろしいラーメンだった!突然襲ってきたラーメンパニック!アイヤータウンを救うため、カスカベ防衛隊が立ち上がる!!果たして彼らは、街の平和を取り戻すことができるのか!? (C)臼井儀人双葉社・シンエイ・テレビ朝日ADK 2017

 

家族で見ました。

 

クレシンと激しいバトルはあまりあわないような気がしていました。
春日部防衛隊がド派手アクションって、あんまりイメージできなくて、正直なところあまり期待はしていませんでした。

 

そこでうまれたぷにぷに拳。
よく考えたなと思います。確かにこれだと平和的かつクレヨンしんちゃん的に問題が解決しますものね。

 

アイヤータウンで発生した大事件。ぷにぷに拳の奥義で最終決着だよなと思いきや。。。こんなところででエンディングかい!


その解決方法がダ、ダンス?うそーと思ってしまう結末でした。まさかそうくるとは。

予想を裏切られたというのは良い意味でも悪い意味でも使われますが、若干ハズした感がしました。(子供達は喜んでいたので、私の感性が古いだけかもしれないです)

 

なんだ、今回はまあまあだったなと思っていたのですが、最後にもう一山ありました。
こちら側はいい意味で裏切られました。

 

この映画、宣伝ではマサオ君が全面的に出ていたような気がします。

この流れであれば、最後の一撃はまさか!?と期待していたのですが、すべてしんちゃんに持っていかれるという。

 

マサオもうちょっとがんばれよ。まあ、それがマサオといってしまえばそれまでなのですが。。。

 

B級グルメとか、ロボ父ちゃんとかは私もとても楽しく見ることができたのですが、こちらはぐっと来なかったなー。


プライムビデオではドラえもんとくれよんしんちゃんの映画を大量に見ることができます。

 

こうやって見ると、同じキャラクターの映画でもあたりはずれって結構ありますね。