アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

スイスアーミーマン

 

スイス・アーミー・マン DVD

スイス・アーミー・マン DVD

 

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決し、その死体にまたがるとジェットスキーのように発進!様々な便利機能を持つ死体の名前はメニー。苦境の中、死んだような人生を送ってきたハンクに対し、メニーは自分の記憶を失くし、生きる喜びを知らない。「生きること」に欠けた者同士、力を合わせることを約束する。果たして2人は無事に、大切な人がいる故郷に帰ることができるのか──!?(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

なんだこのわけわからない映画。
パッケージからして奇妙でしたが、中身はもっとおかしかった。

 

冒頭で無人島に取り残された一人の男(ハンク)が自殺しようとするシーンからはじまります。バカみたいに長い首吊り縄、それから自分の後ろにある洞穴。

 

私はなんとなく、女性のアレを想像してしまい生命誕生なのか?と思ってしまいました。

 

いざ踏み台をはずそうと勢いをつけたところで、彼の目の前に突然現れた死体。
明らかに死んでいるんですが、ハンクは必死で助けようとします。

 

この死体はハリーポッターの彼が演じており名前はメニー。Menyでたくさんって言う意味から取ったものなのでしょうか。


確かに、彼は死んでいるにも関わらずたくさんの機能を持っているのですが、それにしてもなんだか奇妙な名前です。

 

ハンクが心臓マッサージをするのですが、その間死体はおならするんですよ。何度も何度も。ふざけてますよね。一生懸命助けようとする彼がバカらしく思えるのも仕方がないです。

 

で、そのおならを使って水上スキーみたいなことをしながら島を脱出するのです。
まあ、この時点で相当でおかしい。

 

でしばらく死体と二人で町をめざして歩き始めます。

 

二人の間をつなげたのは、スマートフォンの待ち受けに表示されていた彼女。てっきりハンクの恋人なのかと思ったのですが、どうやら違うみたい。

 

彼女の名前はサラ。すでに結婚して子供がいて、ハンクは一度も彼女に話しかけたことがない。

 

ハンクはサラの役をさせられ、メニーとサラという関係で、バスに乗って話しかけてそれからドライブしてお酒を飲んでご飯を作って。

 

このあたりで、メニーはもしかしたら存在しない人物でハンクの妄想じゃないかと思い始めます。

 

根暗な彼は孤独なのです。好きな人にも声を掛けられず自分に自信も持てず。

 

中盤はただひたすらメニーとハンクの酔狂が続きますが、ある日理由は良くわかりませんが熊が来て襲われます。


熊に追われて逃げるうちにサラの家の前にうっかり飛び出てしまいます。


死体、スマホの画面、それから木やゴミで作られた様々なガラクタを前に、ハンクは逮捕されてしまうのです。ここでネタばれ、実はハンクの妄想でしたーとなるのかと思ったのですが、そうはいきませんでした。

 

結局メニーが妄想だということは最後まで説明されず、最後はまたおならで去っていくと。

 

何なんだこのラスト。

 

はぁ。意味がわからない。
私は、モテない男の妄想を描いた作品なのかと思ったのですが、そんな短絡的でいいのでしょうか。

 

でなければあんなに都合のよい死体がいるわけがない。
彼の妄想が爆発しちょっと大掛かりなままごとセットを作って意中の女性サラと一緒にいる生活を妄想したのです。

 

とてもへんてこな映画だったのですが、途中で飽きてしまうということはありませんでした。


これも不思議ですよね。つまらない映画は眠くなりますが、奇妙な映画はついつい何かがあると思って最後まで見てしまう。

 

頭がちょっとおかしくなりたい人はおすすめの1本です。

 

船を編む

 

舟を編む

舟を編む

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか?

 

ちょっと違和感あるタイトルですが、辞書を作るお話です。ずいぶんと前に書籍で読んでとても面白かったことを覚えていました。

 

辞書を作るというのはとても不思議で奥深い世界ですが、実際にやることはものすごく地味です。この世に言葉はもちろん無数にあり、毎年大量の新語が生まれ、意味を変えて使われ始めたり、もうほとんど使われない言葉になってしまったり。

 

何十万、もしかしたら何百万とあるそれらの単語を一つずつ吟味して取捨選択し、それが終わったらその言葉に説明を加えていくのです。

 

それを多くの専門家や校正者の手垢まみれにして、出来上がるのに13年。気が長い話です。辞書作成に取り掛かるきっかけとなった右という言葉の意味ですが、なるほど説明しようとすると確かに難しい。


普遍的に説明する必要があるわけで、自分の右手があるほうだと右の説明にもなりませんし、見る方向が違えば、右が左に、左が右に変わってしまいます。

 

時計の針の方向だとか、方位を使ってあらわすような例が挙げられていましたが、あの大先生が最後に言った10のゼロのほうが右側というのはとてもシンプルでわかりやすいですね。

 

だけども、右を辞書で調べる人ってどれほどいるのだろうか。と考えると、辞書に掲載されている単語のなかには、出版されて1回も調べられなかった言葉みたいなものもありそう。


そして、私が一度も使わない言葉も山ほどありますよね。

 

そう考えると辞書ってどうあるべきだろうかと考えさせられてしまいます。

 

辞書の話になってしまいましたが、映画の内容について。


主人公である馬締(まじめ)を演じるのは松田龍平さん。
なんというか、ものすごく地味で根暗だけれども一生懸命な様子を演じてくれたのですが、少々やりすぎな気もしました。

 

ここまでひどいと辞書を作るどころか、仕事なんかできないんじゃないかと思うのですが、まあ映画なのでそれはそれでよいでしょう。いまでいうところのADHDみたいな感じです。

 

その妻となる林 香具矢(はやし かぐや)を演じるのは宮崎あおいさん。

 

もの静かな感じで映画の雰囲気には合っていたと思います。
だけども二人とも言葉や表情が乏しい役どころなので、ややもたもた感じがします。

 

二人が恋に落ちたところはいったいどこだったのか。
あの手紙?あの変な手紙が二人を結びつけたのは間違いないと思うのですが、そこにたどり着くところまでですよ。


馬締さんの一目ぼれでいいのかな。かぐやも同じように一目ぼれに近かったと。

 

多少浮き沈みはあるものの、辞書作りのように終始淡々とした感じで話は進みます。

 

大渡海の辞書とはちょっと毛色が違いますが、インターネットの辞書と呼ばれるWikiのページ数はもう100万ページを超えていて日々更新されています。

 

たぶん日本のどの辞書・事典よりも詳しい内容が書かれているのではないでしょうか。
今はGoogleで調べればたいていのことはすぐわかるので、辞書を作ると言う意味もだんだん薄れていっているんでしょうね。

 

活字ですと登場人物は自分の好きにイメージできますが、私がイメージしていた本の中の人と映画のキャストには少し違いがありました。

 

2回に分けてみてしまったのもダメだったのかな。

 

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

 

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(字幕版)

  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: Prime Video
 

観るもの全てが魔法にかかる−−6歳のムーニーと母親のヘイリーは定住する家を失い、“世界最大の夢の国”フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある安モーテルで、その日暮らしの生活を送っている。シングルマザーで職なしのヘイリーは厳しい現実に苦しむも、ムーニーから見た世界はいつもキラキラと輝いていて、モーテルで暮らす子供たちと冒険に満ちた楽しい毎日を過ごしている。しかし、ある出来事がきっかけとなり、いつまでも続くと思っていたムーニーの夢のような日々に現実が影を落としていく—(C)2017 FLORIDA PROJECT 2016, LLC.

 

小さな女の子が手を取り合いながらディズニーランドに入り人ごみの中を掻き分けながら必死に走る。そしてシンデレラにたどり着いたところで映画が終わる。

 

こんな終わりかたってあるのでしょうか。

 

映画を見終わる準備ができていないのに唐突におとづれるエンディング。つまり、この映画の解釈は自分の頭で考えろと言うことなのでしょうか。


自分の今の状況すらうまく伝えられないくらい小さな子供が、これまた状況が理解できない小さな親友を頼ったとき、どんな反応をするのか。

 

シンデレラ城にいっても少女ムーニーの置かれている状況が好転することはなく、母親のヘイリーは刑務所に連れて行かれ、ムーニーはどこか知らない土地で暮らすしかない。

 

結局何もかわらないんだよ、と大人は思うでしょう。

 

しかし小さな子供達が無我夢中走り回ったこの大切な思い出がムーニーの心を支え続けてくれるかもしれません。


母親のヘイリーはミドリの髪の毛、無職、ドラッグと退廃的な生活を送っています。だからといって育児放置はせず、面倒を見ると言うよりか友人として一緒に楽しんでいる。

 

ヘイリーを取り巻く人々も、決して悪い人ばかりではなく、あのモーテルの管理人のようにさりげなく彼女達を支えてくれる人もいる。

 

そんな中明るく楽しく暮らしていたヘイリーとムーニー。

 

自業自得といってしまえばそれまでになってしまうのですが、底辺から這い上がれないヘイリーは坂道を転げ落ちるばかり。

 

とうとう超えてはいけないラインを超えてしまい、友人達にも愛想をつかされムーニーは保護対象となってしまう。

 

迎えに来た保護観察員。何がおきているがムーニーは理解できませんでしたが、本能的に母親と別れなくてはならないことを感じ、どうしてよいかわからないまま、親友の家のドアをたたくのです。

 

今思い返してみれば、町の風景の看板にはディズニーの文字がありましたし、誕生日を祝うときにあがった花火。アレはディズニーのシンデレラ城で毎日打ち上げられる花火ですよね。


あのマジックバンドもディズニーのものに間違いないでしょう。

 

夢の世界はすぐそこにあるのに。実際の現実の世界はこんなにもくすんでいる。なんだか自分の理想と現実を突きつけられたようで、少しむなしい気持ちになりました。

 

そうだ、この感覚はむなしさですね。

 

ムーニーがいくら楽しく遊んでいても、知らないおばさんから恵んでもらったお金で買ったアイスです。しかも1つきりのアイスを3人でまわして食べる。

 

ムーニーとヘイリーの自撮りも、売春相手を探すための1枚だったんですね。

 

楽しそうにしているけれど、どこか漂うむなしさ。それがこの映画の魅力なのかもしれません。