アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット~かっちょいい兵装で、今日もバグズを狩るのだ

 

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット(字幕版)
 

舞台は地球の植民惑星となった火星。戦争とは無縁のこの星で、歴戦の猛者リコは“はぐれ小隊”と呼ばれる落ちこぼれ新兵の訓練に当たっていた。だが、平和であるはずの火星に、突如バグの群れが出現する。背後には、地球の総司令官の陰謀が潜んでいた。戦士の自我を取り戻すため、そして火星を守るため、リコははぐれ小隊を率いて立ち上がる。先に待つのは救済か、地獄か--!?(C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

週末になりました。

やっぱりどかーんと爆発系にしようか、それとも大量のゾンビと戯れる系にしようか。。。うむ、決めた。今週はエイリアン退治だ。

 

ということで、はずれの少ないこのシリーズを選びました。
大枠は決まっていて、ラストもなんとなく想像できます。だけどもいいんです。

 

すっと入ってきて、スカッとする1本が見たいのです。

 

ストーリーは簡単。冒頭に登場する善人が実は悪人で、悪人っぽいやつが実は善人。
汚れ仕事をするのはいつもトゥルーパー達。

 

バグズで埋め尽くされた火星を奪還するために派遣された軍隊はへっぽこ小隊のみ。
この兵力差をどうするのか?それは愛と勇気で乗り切るのです。

 

今回のメイン兵器は、ウォースーツですかね。
ポチっとボタンを押したらかっこよく装備される。いいじゃないですか。

 

頼りないトゥルーパー達は戦いの中で少しずつ強くなっていく。そして彼らは次の戦地へ。

 

ああ、わかりやすい。彼らがいる限り、宇宙の平和は守られる。

 

なんともまー、ベタな展開でしたがまったく持って問題なし。
さらっと楽しむことが出来ました。

 

本作品は実写っぽいアニメです。目を細めてみたら実写と変わらないくらい高いクオリティです。


なかなかすごい。いまはCGで結構何でもできちゃうから、実際の生身の人間を使うよりかは低予算でこういうのいくらでも作れちゃうんだろうな。

 

ドローン・オブ・ウォー~病むくらいなら戦争なんてやらなければいいのに~

 

ドローン・オブ・ウォー(字幕版)

ドローン・オブ・ウォー(字幕版)

  • 発売日: 2017/07/21
  • メディア: Prime Video
 

アメリカ空軍のトミー・イーガン少佐は、F-16戦闘機のパイロットから無人戦闘機の操縦士に転身し、政府のテロリスト掃討作戦に貢献してきた優秀な軍人である。しかしトミーはやるせない違和感に囚われていた。ラスベガス郊外のマイホームと砂漠の空軍基地を車で毎日往復し、エアコンが快適に効いたコンテナ内のオペレーションルームにこもって、圧倒的な破壊力を誇るミサイルをクリックひとつで発射する。音声の出ないモニターだけで戦場の状況を確認するその任務は、まるでゲームのように現実感が欠落しているのだ。CIAの対テロ特殊作戦に参加したトミーは、度重なる過酷なミッションにじわじわと精神を蝕まれ、愛妻モリーとの関係までも冷えきっていく。やがてストレスが限界を超えたトミーは、冷徹な指揮官からの人命を軽んじた爆撃指令への反抗を決意するのだった……。

 

アフガニスタンに軍事ドローンを飛ばして、怪しいやつらを上空から爆撃するお仕事。

 

ピンポイント爆撃とか言っていますが、民間人は少なからず巻き込まれます。
そもそも、民間人や女子供を巻き込まなければいいという考え方もなんだかなと思います。

 

やり方が卑怯だという非難もあるようですが、戦争にかかるコストを考えても絶対安全なところから攻撃するというのは理にかなっていると思います。

 

敵に対して強烈なけん制効果もありますし、何よりこちら側の人的被害が少ないじゃないですか。確かに、顔も名前も知らない人をボタン一つで殺し続けるのは精神的にかなりつらいでしょう。

 

それか、自分が神にでもなった気分になるのではないでしょうか。

 

お前らの行動はすべてお見通し。そして変な動きをすればこのボタン一つで命を奪い、建物を破壊することができる。

 

アフガンの人々にとってはとても恐ろしいことです。

 

ラストのシーンはなかなか考えさせられます。
たった一人の女性を救うために、命令違反を犯すわけですが彼はそれで何をしたかったのか。

 

自分の罪の意識を少しでも楽にしたかっただけでしょうか。

 

そんなに苦しいのなら、やっぱり人を殺すという行為は人間が望んでいないものなんですよ。生活のためにそうせざるを得ないのだったとしたらなんだかやるせなくなりますよね。

 

戦争ばんざーいという雰囲気で進まないあたりはとてもいいです。

 

だけども、妻と別居してすぐに若いプリティービューティーウーマンといい感じになるというシーンは必要か?


彼らも人間なんだということを強調したかったのでしょうかね。

 

人間が直接手を下さないドローン型の攻撃はメリットばかりと思っていたのですが、メンタル的になかなかきついものがあるのですね。

 

命の危険があってもある程度のリアル感がないと人間ってダメなんでしょうか。

チア☆ダン~美少女達の鉄板ストーリー。油断すると泣いてしまうぜ。

 

県立福井中央高校に入学した友永ひかり(広瀬すず)は、中学からの同級生でサッカー部の孝介(真剣佑)を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。しかし彼女を待ち受けていたのは、顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)による、「目標は全米大会制覇!おでこ出し絶対!恋愛禁止!」という超厳しいスパルタ指導!!早々に周りが退部していく中、チームメイトで部長の彩乃(中条あやみ)の存在もあり何とかチアダンスを続けていく決意をするひかりだった。しかし、素人だらけのチームは、初めての大会で観客に笑われるほどの失敗をしでかす。チーム内での確執も深まり、チームの気持ちは完全にバラバラになってしまう。校長や教頭が廃部を決定する寸前、ひかりは校長室におしかけとんでもない宣言をする。「私たちアメリカで優勝します!」フツーの女子高生たちの夢への挑戦が今、始まる--。(C)2017 映画「チア☆ダン」製作委員会

最近は洋画ばかりを見ていて、あちらの恐ろしいほどに整った顔に慣れてしまっておりましたが、日本人も負けてはいないじゃないですか。

 

見るもあでやかな美人が登場して、一生懸命ダンスをする。
実話を元にしているというから驚きです。

 

映画なので多少は着色されているでしょう。
こんな劇的なシーンばかりじゃなくて、泥臭いシーンが山ほどあって、そして結果として全米制覇があるに違いありません。

 

ストーリーはともかく、美少女達の表情見たさについ続きを見てしまう。
気がついたら映画の世界に入り込んでしまう。感動のあまり涙まで。

 

いまだとパワハラといわれてここまでできないのかな。
先生も嫌われ役に徹してがんばった。そしてそれにしっかりと答えた生徒達もすばらしい。

 

スウィングガールズウォーターボーイズと同じ矢口史靖さんが監督と思いきや河合勇人さんという方なのですね。

 

途中にちょいちょいイケメン男子との恋模様が挟み込まれるのですが、子供達からはそのシーンが不評でした。

 

まあね、なくてもストーリーとしては成り立つし、くっ付いても、くっ付かなくてもわたしにゃまったく関係ないし。

 

子供とも安心して一緒に見ることができる貴重な1本でした。