アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

アンジェラ

 

アンジェラ (字幕版)

アンジェラ (字幕版)

 

マフィアの取立て屋に追われる男、アンドレ。彼に与えられた猶予は48時間。絶望の淵に沈む彼は自ら命を絶とうとセーヌ川に架かる橋の欄干に上がった。そのとき「彼女」はあらわれた。見上げるほどの長身に金髪の絶世の美女。「あなたに未来を与えるためにきた」と告げる、アンジェラ。彼女は突然大金を用意したり、一撃でマフィアを倒すなどアンドレを絶体絶命のピンチから次々と救い出す。果たして彼女は一体何者なのか―。

見た目も悪いし、金もない、度胸も無ければ喧嘩も弱い。こんなダメダメ男がとった行動は、橋から飛び降りること。

 

そんなに高くない橋ですし、足元に広がる川にも十分な深さがありそう。
おいおい、こんなんで死ねるのか?と思ったら彼の元に天使が舞い降ります。

 

こういったとき、日本ではどちらかといえば従順でおとなしく、あまり良い表現ではありませんが、アニメキャラのようなかわいらしいけれど抱擁感のある女性やアンドロイドが落ちてくるのが鉄板でしょう。

 

おフランスではこんな美人の天使が舞い降りてくるのですね。

 

お国柄というか、日本の文化がアニメよりなのかわかりませんが、こんな人に何をしてもいいよといわれたらすぐにあのことを思いつくのが普通だと思うのです。

 

しかし、この男。これほどの美人に一切手を出しません。

 

そして、彼女はおとなしく男の言うことを聞いてサポートするというよりかは、割とズバズバ意見をいい、ぐいぐい引っ張っていくのです。

 

これで二人が恋に落ちる?そんなことってあるのか?と思っていたのですが、あるときを境にこの美形の天使も男を好きになってしまうんです。

 

うーん、そんなそぶりはラストまで無かったような気がしますが、恋に落ちるのは一瞬といいますから、フランスでは良くある話なのでしょう。


未来が見えるといった天使から、美人弁護士と結婚すると予言していましたが、
あれは本当になるのでしょうか。

 

とすると二人でドラマチックな恋に落ちたものの、
あっさり別れてしまうのでしょうか。そう考えるとなんだかちょっと悲しくなります。

 

この映画、すべてモノクロです。
だからといってつまらないということはないのですが、せっかくなので美しいパリの町並みは見せて欲しいなと思いました。

 

きっと何らかの意味があるのでしょうが、庶民の私にはよくわからない。


あと気になったのは、女性の手足を含めた各パーツが大きくて、恋人というよりかは保護者と子供の関係に思えてしまいました。

 

これは映像的にはちょっとなーなんて思いました。

 

ですが、ラストの盛り上がりやテンポはなかなか良かったです。
あの数分間で、『どっちだ、どっちなんだー』とドギマギすることができました。

 

アクト・オブ・キリング

 

60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者は軍ではなく、"プレマン"と呼ばれる民間のやくざ・民兵たちであり、驚くべきことに、いまも"国民的英雄"として楽しげに暮らしている。

 

インドネシアで100万人以上が殺害されたといわれているの9月30日事件のお話。

 

殺人を引き受けた反共産党メンバーはプレマンと呼ばれ、その中でも1000人以上を殺害したといわれるアンワル・コンゴが主役です。

 

このドキュメンタリー、登場しているプレマンたちは踊らされていますよね。
そう思いながら終始見てしまいました。

 

プレマン達に映画を撮らせ、その様子をつなぎ合わせたものがこのドキュメンタリーなのですが、自分たちの行動をフィルムという客観的なものを通してみることで、プレマン達がどれだけひどいことをしたのか、罪の意識を感じさせようという意図がある気がします。

 

役者でもないプレマン達が作る映画は三流ですが、実際に殺害される役、尊厳を踏みにじられる役をやることで、自分たちのおろかさに気づいていきます。

 

アンワル・コンゴは1000人も殺したとは思えなくくらい毒がない表情をしています。

金銭的にも余裕があるのでしょうし、着ている服装にも気を遣っていることがわかります。

 

一番恐ろしさを感じたのが、アンワルの隣にいるあの太鼓腹の男です。

 

話している内容はいたって普通なのですが、同じ人間に見えない。サイコパスってこういう人をいうのではないかと思いましたよ。

 

彼は結婚して子供までいるのですが、映画の中では意味も無く女装の姿で登場したり、
人魚姫に登場するような魔女のようないでたちでたびたび現れます。

 

あれは本人がやりたいといったのか、ドキュメントをとるスタッフがそう指示したのかわかりませんが、なぜそんなことをするのかがさっぱりわからない。

 

変な衣装で顔色一つ変えず話をする彼は本当に怖かった。

 


もう一つこのドキュメンタリーで強烈な嫌悪感を感じたのがプレマンを利用して政治的に成功をした人たち。

 

同じ人間なのに、彼らをどうしても好きになれない。結局はプレマンは彼らに利用されただけなのではないでしょうか。

 

全編を通して感じる違和感、不快感はこれまでにない映画です。

義理の親をプレマンに殺された男のシーンなど、かなりショッキングな映像も多いです。

 

あの乳飲み子を差し出すシーンは本当の出来事なのでしょうね。あまりにも非人道的のため、ぬいぐるみで代用した。そして村を襲ったあのシーン。呆然とするお母さんの表情は忘れられません。彼女はもしかしたら親しい人をプレマンに惨殺されたのかもしれません。


これがついこないだ起きた出来事で、さらにこの出来事について触れることはインドネシア国内ではタブーとなっている。

 

さらに今でも共産党メンバーへの迫害が続いていると考えると人間というのは本当に恐ろしい。

 

ゆっくりビールを飲みながら見るようなものではないですね。あの国はくるっているのか、それとも私のほうが異端なのか。

 

こちらの精神まで壊れてしまいそうな1本でした。

 

時計仕掛けのオレンジ

 

喧騒、強盗、歌、タップダンス、暴力。山高帽の反逆児アレックスは、今日も変わらず最高の時間を楽しんでいた ― 他人の犠牲の上にのみ成り立つ最高の時間を。モラルを持たない残忍な男が洗脳によって模範市民に作りかえられ、再び元の姿に戻っていく。 Rating R-15 (C) 1971 Warner Bros. and Poloria Productions Inc. (C) 1971 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

有名な映画なのでタイトルは聞いたことがありましたが、視聴するのは初めてです。

 

なんだこのへんてこな映画。


へんてこはへんてこなんだけど、なぜか最後まで目が話せない。

 

おそらくこれは当時の若者の欲望とか実情を表したものなのではないでしょうか。

 

ガリバー痛がするといって学校をサボり、親に寄生して生きる。
そしてやることといえば仲間とつるんで酒やドラッグ(映画ではミルクバー)セックスに暴力と。

 

そんな若者たちを取り巻く社会も捻じ曲がっています。若者の矯正といってやることは無意味か極端な洗脳。


その洗脳によってアレックスは死に向かってしまう。

 

だがその死すら食い物にして己の保身を図る政治家。私はこの映画をこう見ました。

 

見終わって、感動したとか面白かったという感想とは少し違う感想をもちました。

 

アレックスのあの独特の言葉の言い回し、
まずそれを聴いているだけで頭がおかしくなりそうになります。

 

少年4人組、つまり自分たちを “ドルーグ”と呼んだり、女の子とインアウト(これは意味がわかると思います)するとかホームレスをトルチョック(殴るってことだと理解しました)するとか。

 

歯切れがいいというか悪いというかとにかく奇妙です。


そしてアレックスの表情とそのしぐさもずれている。意味はわかる、やっていることもわかるんですけど、

 

こっけい?とは違う、コミカル?でもないとにかく変なんです。

 

あの矯正施設での映画視聴は本当に恐ろしい。私が体験しているわけでもないのにやめてくれーと何度思ったことが。

 

実際の拷問であんなことやらせたりするんですかね。

 

ようは強制的にトラウマを刷り込んでいるのです。

 

最後にくちゃくちゃ音をさせながら食べるシーンもむずがゆい。口を空けて食べ物を待つ姿がやたら腹が立つ。

 

これ最後どうなるの?どうなるの?と思いながら飽きることなく見ることができました。

 

この映画、好きか嫌いかといえば好きかもしれない。

 

私のガリバー脳もこの映画でトルチョックされたのかもしれない。

 

ライティ・ライト、何かで上書きしないと。

 

ああ、この行が書けたということは、この映画相当私の脳に影響を与えてしまったようです。

 

しばらくはこの奇妙な感覚を引きずりそうだな。スパチカすれば忘れられるだろうか。

ああ、どんどん壊れていく。。。グルーピーになる。こんなボルシーな映画は始めてだ。