アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

ピザ~カラスの玉子を生で食べて大丈夫なのか?

 

ピザ!(字幕版)

ピザ!(字幕版)

  • メディア: Prime Video
 

南インドの都市、チェンナイ。スラム街に住む幼い兄弟は、日々働きながら生活していた。そんな中、街に初めてピザ店がやってくる!色とりどりの具がのるピザに釘付けの兄弟。想像できない味を体験してみたい。しかし、それはなんと家族の1ヶ月の生活費よりも高かった!そこで二人は、ピ...

 

インドのスラムの近くに新しくできたデリバリーピザのお店。


スラムの子供達はビザを見るのも初めてで、どうしてもこれを味わってみたい。

 

なんとかお金を作ってピザ屋へ向かうも、店先で追い返されてしまいます。


だけどもあきらめられない。何が悪かったのか自分達で一生懸命考えて、2度目のトライ。普通の映画ならば、ここでおいしくピザが食べられてハッピーエンドとなるところでしょう。

 


ところが、ここでも彼らは断られてしまうのです。

 

子供が大人にひっぱたかれるシーンというのは映画とはわかっていてもかなりズシンときますね。

 

この事件をきっかけに映画の流れが一気にかわります。果たして彼らはピザにありつけたのでしょうか。。。

 

インド映画には社会に対する問題提起が含まれているものが多く、今回も例外ではありませんでした。

 

ずいぶんと前からインドで問題になっている格差。その差は日本の格差なんて比較にならない大きい。

 

スラムの人々には住所だってない。池のそばに住む○○さんとか、寺院の隣の通りの○○さんとか。これではピザ屋も配達ができません。

 

毎日数ルピーで生活をしなくてはならないスラムの人々。

 

一方金持ちの子供は数万ルピーもする腕時計を身につけている。食事も着るものもまったく違う。

 

もちろん彼らは努力をしたのでしょうが、どれだけがんばっても超えられない壁がいくつもありそうです。

 

それから、政治家の腐敗についても指摘されていました。あの金満おやじっぽいのがなかなかいいんですよね。


コネだかカーストだか金を使って政治家になった男。その無能っぷりと汚さが良く出ていました。

 

町のへたれチンピラも良かった。日本はちょいわる=ちょっとかっこいいってなっていますが、こんな感じで描写してくれたら少しは見方かわりませんかね?

 

また、最後の兄弟のセリフも良かったです。

 

いま私の身の回りにあるものは本当に必要なものなのか、それだけの価値があるのかなど、ものすごく考えてしまいました。

 

最後に、原題はThe Crow's Egg(Kaka Muttai)。スラムの子供達にとってニワトリの玉子は贅沢な品物です。


それにしてもからすの玉子って生で食べて大丈夫なのかな。。。

 

私は、このカラスの玉子っていうタイトルのほうがよかったなぁ。

 

インド映画らしいダンスは一切ありませんでしたが、楽しめる1本でした。

ハッシュマネー~うそつきは泥棒のはじまり。自業自得だけどちょっと寂しい

 

ハッシュ・マネー(字幕版)

ハッシュ・マネー(字幕版)

  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: Prime Video
 

借金を返すために誘拐を企てるも、不測の事態が続き、思い通りに行かない。そんな不運な誘拐犯と囚われた少女の最悪な一日を描くサスペンス・ドラマ。誘拐自体が悪夢だと、誘拐犯も娘もなんとかこの最悪な一日を一刻も早く終わらせ家に帰りたいと願うが、状況はどんどん悪化していく。

 

この映画はパッケージが秀逸です。思わず見たくなっちゃいませんか?私もついついつられてダウンロードしてしまいました。

 

お金がないばっかりに、妻にウソをついたばっかりに、すべてのものを失ってしまうというそんな不運な男の話。

 

確かに、彼はツイていなかったと思う。だけどよく考えず短絡的に行動をしてしまったことが、この結果を引き起こしたのです。

 

素人が誘拐なんて無理ですよ。事前によくよく準備をして、協力者も何人か用意して。
それでも幸運が重ならないと成功しない。仮に成功したとして、何十年も逃げ続ける気合がこの男にはあったのでしょうか。

 

もともと善人の男ですし、彼女と同年代の娘を持つ親だったので人質の女の子を守ります。このシーンは良かったですかね。

 

あの血液を抜くおばちゃんこそ悪人、羊の皮をかぶった狼です。
あんなのが野放しにされていて、なぜ自分はやられる必要があったのか。

 

ラストがちょっと気になりました。


銃を構えて撃とうとする気配を見せたので、当然銃を構えている警官に先に撃たれてしまいます。

 

まあ仕方ない。

 

しかし、その後もう一度銃を撃とうとするのです。ダミーの銃で。娘が死んだ絶望から死を選んだのですかね。

 

あの血液抜くおばちゃんとか、娘を殺した犯人とかそういうのに仕返しを一切せず、逃げることを選んだ。ちょっとそれは情けなくないですか。

 

さらった他人の子供を守る気があるのなら、せめて復讐の鬼となって戦えばよかったのに。

 

2回目の銃撃が致命傷になり、彼は命を落とします。

 

なんだか最後が少し悲しいというかやるせなくなりました。最後までダメな男で終わっていいのかな。

ロスト・シティZ~夢を追うのはいいけれど、巻き込まれた彼らはちょっとかわいそう~

 

英国陸軍のパーシー・フォーセットは、ロンドンの地理学協会に呼び出され、南米ブラジルとボリビアの国境の測量を依頼される。しかし、これを成功させれば一家の名誉を取り戻せると知り、ヘンリー・コスティンと共にアマゾンへ向かうことに。様々な困難を乗り越え森の奥地へ進むと、フォーセットらは地面に散らばる土器を見つけ衝撃を受ける。帰国後フォーセットは、家族と子供たちと再会し幸せをかみ締めるも、地理学協会で、未開拓とされていた場所に黄金都市“Z”が存在することを告げ、再びアマゾンへ向かうのだった…。©2016 LCOZ HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

このzはゾンビのzだ。

 

そう確信した私は、週末までこの映画を見るのを取っておいたのです。週末の仕事上がりに見るゾンビたち。

 

散弾銃で頭をふっとばされるのか、それとも爆発系の武器でばらばらにされるのか。
モーニングスターで撲殺?刀でスライス?プレス機でぺしゃんこ?

 

毎度毎度、たいした抵抗もせず無残にやられていくゾンビたち。

 

もともと人間だったかもしれませんが、一回死んでいます。
脳みそもなさそうにみえるので痛みは感じない。だからひどい取り扱いをされても心が痛まないのだと思います。

 

期待に胸を膨らませて押した再生ボタン。おっとっと。ちょっとこれはゾンビ関係ないわ。

 

どうやらアマゾン奥地にある黄金郷をさがす冒険家の話のようです。

 

150年くらい前の実話をベースにして作られています。
すべて黄金で作られた町がある。そんなうわさを信じて多くの冒険家が足を踏み入れますが、


ラニヤや毒蛇などの生き物に命尾奪われ、それから現住民族にも捕まり殺される。

 

それでも夢をあきらめきれない主人公は、とうとう息子までもひっぱりこんで探索を続けます。

 

ある日を境に行方不明となる親子。原住民にいけにえにされたのか、はたまたジャングルに住む動物にやられたのかもしれませんが、なんともまー。

 

作品の終わりには黄金郷の痕跡が見つかった、あとちょっとだったと読めるようなコメントが流れますが、


それほど巨大な純金であれば航空写真などでみれば一目瞭然ですよね。

 

残念だけど、もうないんじゃないかなー。


未だ人類未踏の地はあるといいますが、現代人が行きづらいところは昔の人たちにとっても不便なんじゃないかと思ってしまいます。

 

残された奥さんが一番かわいそう。行きたいっていったんですから、彼女も連れて行ってあげればよかったのに。

 

若い息子も巻き込まれてかわいそう。息子はたいした功績も残せずただ信頼できるからという理由で連れて行かれたのでしょう。私が親なら絶対に連れて行かない。行くなら自分の力で行けといいますね。

 

この冒険家のわがままに振り回された人たちが少しかわいそうに思いました。