amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

トータル・リコール(2012年版)

 

近未来。地球の表側には富裕層、裏側には労働者層が住み、世界は真っ二つに分断されていた。労働者たちは地球の“コア”を通って通勤し、機械のコマのように働いて搾取されるだけの日々。将来の希望も持てない彼らは、好みの記憶を買って自分の記憶に上書きすることで憂さを晴らしていた。ダグラス・クエイド(コリン・ファレル)もそんな労働者のひとり。美しい妻を持ちながらも、工場で働くだけの毎日にふと嫌気が差し、人工記憶センター“リコール社”を訪れる。彼が心に秘めた夢は“スパイ”。だが、記憶が書き換えられようとしたその時、突然、知らない自分が目を覚ました! これは一体どういうことなのか? 本当の自分の記憶はどこに・・・?自分さえも信じられぬまま、ダグは階級社会を覆し、世界の運命を変える戦いへと巻き込まれていく-。

 

この映画のタイトルはどこかで聞いたことがあって、面白かったという感想もどこかで聞いたことがありました。

 

プライムビデオで見られるようになったということで早速視聴いたしました。

 

これも映画の世界観がいいですね。
文章でここまで微細な景色をイメージさせようとするとどれだけの言葉を尽くせばよいか。

 

映像ならば一瞬です。視覚情報というのは強い。スマホの小さい画面で見るのがもったいないくらいです。

 

街並み一つとってもいろんなアジアが混ざった感じとか、地球エレベーターの感じとか本当に素晴らしいです。

 

さて、今回は記憶を閉じ込められた男が主人公。

いきなりラストの話に飛んでしまうのですが、一番最後にチラリとリコール社の看板が出るんですよね。


話の流れから、あの広告を出す必要は全くなかった。
これってもしかして、映画の大半は夢だったんじゃないかと思ってしまうのです。

 

平凡な生活に嫌気がさした主人公ダグラスはリコール社に行き、2重スパイの記憶を求めます。


そこでトラブルが発生するのですが、あの瞬間からもしかして植え付けられた記憶とか。よく考えればリコール社から脱出するときに、なぜか体が動くなんてそんなことを言っていましたよね。

そしていままで使えなかった銃が突然使えるとか、ヘリコプターが操縦できるとか、いつもギリギリで助かるとか。

 

ダグラスはこの後目が覚めて、結局いつもの平凡な毎日を過ごすのでしょうか。

 

今回は女性2名のバトルも面白いですね。
鬼嫁だのビッチだの「口撃」もさることながら狭いエレベーターでの各党。

 

私は追いかける鬼嫁の方を応援したくなってしまいましたね。
あの迫力、最後の最後まであきらめない強い意志。

 

まあ鬼嫁のほうがタイプだっただけなんですけどね。
あんな人に追いかけられる人生って悪くないと思うのですが、私もリコール社で記憶を植え付けてもらおうかな。

 

この映画1990年にリリースされたもののリメイクです。

過去の映画の舞台は火星で、今回のあらすじとはことなるので、別の映画と考えてよいかと思います。

 

本作品ではリコール社に火星の支配者になった記憶を植え付けられた男の話がでていましたので、

1990年版を見た人には見覚えのあるシーンも多かったのではないかと思います。

昔のトータルリコールもどうやらラストですべて幻ということが暗示されているようです。

となるとこの映画もただの記憶なのかもしれません。

カーアクションあり、大爆発あり、銃撃戦も格闘戦もありで最後までドキドキしながらみることができました。

 

週末にはこういうの見てすっきりするのがイイですね。おすすめです。

 

ロスト・バケーション

 

ロスト・バケーション (字幕版)
 

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。脚を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―。

パッケージの水着の女性。そのおびえた表情から何か良からぬことが起こるに違いない。

 

海といえば人食いサメ?それとも少し方向を変えて、イカ?タコ?いやいやそれとも今回はジュラ紀から生きている巨大生物か?

 

そんな思いで見始めたのですが、冒頭に登場した女性に何となく見覚えが。

ああ、この人はアデライン(ブレイク・ライブリーさん)ですね。

 

amazon365.hatenadiary.jp

 

 

主演女優に対していきなりケチをつけるのもみっともないのですが、この人は服を着ていたほうが映える気がするなぁ。

品のある上流階級のお嬢様だけども、心の中には熱い炎が燃え盛っているような役。

 

私の個人的な嗜好はおいておいて、どうやら今回の脅威はサメ。これがなかなか出てこない。

冒頭からなにか不穏な空気を感じるシーンが続くのですが、イルカが登場したり、でっかいクジラが登場したり。


やっとのこさ現れたサメはしつこく彼女に付きまといます。

 

彼女を助けてくれそうなものもいくつか登場するのですが、それらは一つ一つつぶされていき、とうとう彼女は体一つになってしまいます。

 

映画の中で気になるのが、母親が病気と闘って結局負けてしまったお話。
彼女も生き残るために一生懸命もがきますが、母親と同じ運命になってしまうのか、それとも彼女は生還できるのかわからないまま話が進んでいきます。


気になった点は2つ。

まずはビーチの名前を教えてくれないところ。登場人物が意図的に名前を教えなかったような印象があるのですがそれはなぜ?

 

秘密のスポットだから教えたくないとか、そんな理由ではないような気がするんだけどな。結局最後までビーチの名前が開かされることはありませんでした。


つづいて、あの白い海鳥。何かの象徴ですよね。
途中からかなり主要な存在として取り扱われたような気がするのですが、役割がよくわからない。

あちらの地域では白い海鳥は幸運の証なのか。それとも彼女に力を貸してくれる母親のような存在なのでしょうか。

灯台を噛みちぎるくらいかなりアクティブなサメなのですが、小島の上にいる彼女には手を出さない。

あのくらいの高さであれば、飢えたサメは乗り上げてくらいつきますよね。


それ以外にもあれ?とおもうところがいくつかあり、ちょっと消化不良な1本でした。
この映画、サメというよりかは素敵な金髪美人の水着姿を堪能する映画なのかもしれません。

 

こちらの原題はThe shallows(浅瀬)になります。うーん、現代そのままでもよかったような気がします。

映画のタイトルの訳って本当に難しいんだろうと思います。さて、次みます。

 

ジュピター

 

ジュピター(字幕版)

ジュピター(字幕版)

 

偉業を成し遂げる宿命を持つ星座に生まれたジュピターだが、現実は毎日ひたすら働いていた。ある日何者かに襲われ、突然現れた強靭な戦士に助けられたジュピターは、自分が宇宙最大の王朝の王族だと知らされる。Rating G (C) 2015 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and Ratpac-Dune Entertainment LLC All rights reserved.

主人公の女性(ジュピター)はハウスキーパー

 

どうやらトイレ担当らしく、毎日毎日他人の家の便器とにらめっこ。
シンデレラのような厳しい継母がいるわけではありませんが、それを彷彿とさせるようなシーンが続きます。

 

こんな毎日嫌だと思っているところ、いきなり宇宙人がやってきて彼女に襲い掛かります。


訳がわからないうちに、狼と人の混ざったような不思議な男に助けられ、彼女は宇宙の女王という話を聞かされます。

 

かぐや姫は月へと帰りましたが、ジュピターはとりあえず宇宙船まで連行されてしまい、女王としての生活が始まるのでした。

 

うーん、この今まで見たことありそうでなさそうなストーリー。

 

前半にはこの映画の背景や設定は明確にされません。おそらくこれはあえての演出だと思っています。

 

お話が進むにつれ、少しずつジュピターがなぜこんな目にあっているのかが明らかになっていきます。
どうやら地球の所有権と相続問題をめぐっての兄弟喧嘩にジュピターは巻き込まれたようです。

人と狼の混ざったような男とジュピターの恋の行方とともに話は展開していきます。


この映画、私の大好きなリリーのすべてに演出したエディ・レッドメイン氏が悪役として登場しています。

 

この人は超絶イケメンなのですが、マザコンでありナルシストであるこんな感じの役は恐ろしいくらいぴったりはまる。

 

あの表情に細い線。ああ、もし彼に仕えろと命令されたら命すらも投げ出して支えたくなる気分になります。

最後は救われて欲しいなと思ったのですが、やっぱり悲しい目に。ああ、なんてかわいそうなんだろうか。


この映画の設定は面白いですね。人類の寿命はほぼ無限に延び、若さを保つために人間のDNAが必要になります。

宇宙に生物が住める惑星を発見したら、そこに人間や動植物を移植し、人口が最大になったら刈り取るという結構恐ろしい設定。

 

そして多くの人類が生まれ死んでいく何千年という時の流れの中でたまたま宇宙の女王と同じDNAを持った子供が生まれた。

 

それがジュピターだったのです。

 

よくこんな設定思いつきますよね。

 

ストーリーもよかったですが、この映画はおそらく映画館の大画面で楽しむものだと思います。

美しい木星、基地が激しく崩れる様子、宇宙戦争。変な乗り物も出てきますよ。
私はスマホの小さな画面でしか見れませんでしたが、映画館でみたら相当な迫力だったと思います。

 

悪くない1本でした。宇宙戦争系が好きな人は楽しめるかと思います。