amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

はじまりのうた

 

ニューヨークの街角を録音スタジオに!?ミュージシャンの彼デイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られ、ライブハウスで歌う失意の主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)。偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサーのダン(マーク・ラファロ)との出会いがデビューの話しへと発展するが、録音スタジオは、なんとニューヨークの街角!?!?路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームとゲリラレコーディングは実施され、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。そしてアルバムが完成したその日、誰もが予想できなかった最高の「はじまり」が待っていた。

私の好きなジャンルの一つである素敵な歌がたくさん流れる映画でした。


音楽のジャンルはよくわからないのですが、比較的スローで聴かせる曲が多かったと思います。


素敵な歌声と美貌、そしてやさしい詩を書くグレタと昔は天才音楽プロデューサーだったダン。この二人の物語です。

 

冒頭、ベッドに寝転ぶダンの足の裏が真っ黒で背中の辺りがぞわぞわします。
髪はぼさぼさ、服もしわくちゃ、おまけに酒びたりでホームレスと見間違えるほどです。


オノ・ヨーコっぽい風貌の妻とやたら色っぽい娘からも当然愛想をつかれますが、彼の音楽に対する情熱までは死んではいなかったようです。

 

偶然入ったバーで耳にしたグレタの歌声と曲に突き動かされるようにして彼は音楽の道に舞い戻ります。

 

一方、グレタのほうもこれまで付き合っていた男性に捨てられ傷心の様子。
この男がなかなかゲスいのです。いや、急に売れっ子になってあれだけモテれば仕方がないと思いますけどね。


ダンのような怪しい男の誘いは断るのが普通でしょうが、ヤケになっていたことも理由の一つなのでしょう。

 

なぜかグレタはダンに連絡をし、一緒にアルバムを作ることになります。
このアルバムを作るシーンは、見ているこちらも楽しくなるくらいみんな生き生きしています。

 

陽気な仲間達と一緒で、みんな楽しそう。

このアルバムが仕上がりるにつれ、グレタとダンの仲も急速に深まっていくのです。

 

恋愛に年齢は関係ありません。しかし、この二人がくっつくエンディングはないと思っていました。

 

ダンの元に返されるあの分配ケーブル。このシーンから、グレタはビジネス上のパートナーとしてダンと付き合うことを決意したことがわかります。

 

いやー、二人で部屋に入ったときまさかと思ったのですがね。

グレタが落ち込んだときにしっかりと支えてくれた小太りの友人が、素敵なタイミングで現れて一時の迷いを正してくれます。


こう考えると、あの彼はとても重要な役割ですよね。

 

あんな友人がいると楽しいのでしょうが、現実世界では男女の友情と言うのは成立しにくいものです。


そんな頃、再び現れたグレタの元彼。いやいや、そんな都合いい話はないだろう。

 

そのひげ何とかしろよ!そして、あの歌もめちゃくちゃにしたじゃないか!
なにやら許すような感じで話が進んできましたので、元鞘に収まるのだけはやめてくれ~と切望しておりました。

 

ラストシーンのグレタの表情から新しい一歩を踏みだそうとしている感じがありましたので、おそらく元彼は捨てられたのだと思いたい。

 

そして、思いが詰まったグレタのアルバムはたった1ドルで販売されることになります。


音楽は人を変えることが出来ると思っています。

 

しかし、実際には儲けのためだけに量産され、アレンジされる音楽たち。これは、現代の音楽業界に対する警鐘にもなっているんじゃないかと思います。

 


最後はちょっと大げさでしたが、歌う系の映画が好きな方はオススメです。
涙腺が弱いかたは最後の歌には注意してくださいね。

 

スノーデン

 

スノーデン(字幕版)

スノーデン(字幕版)

 

2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンが、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。そこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAのスタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…。 Rating PG12 (c)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

この映画を見ようと思ったのは、インセプションに登場したブラッドピットに勝るとも劣らない色男ジョセフ・ゴードン=レヴィットがパッケージに表示されていたから。

 

今回は主役のようですし、あのクールな感じの演技がを楽しみにしておりましたが、映画の視聴ログとしてはジョゼフの魅力は一旦脇に避けておく必要があります。


この映画はアメリカ政府がインターネット上のすべての情報を本人の了承なしに傍受しており、それをリークした、内部告発者、エドワード・スノーデンのお話です。

 

この事件が明るみになったことは、日本でも何度かニュースに取り上げられたような記憶があります

アメリカのデモの映像も見たような気がしますが、海外の話と思ってあまり気にしていなかったのが事実です。

 

しかし、これは現実の出来事であり、日本も無関係ではありません。

 

・日本政府も傍受の対象だった
・スノーデン氏は約1年半の間、日本に滞在していた
・(おまけ)スノーデン氏がかなり日本贔屓であった

 

日本も傍受対象だったことに対して、日本政府は遺憾の意を発表したのみ。
遺憾の意って、空砲を上空に向けて撃ったようなもので何の意味もないですよね。

 

アメリカはノーダメージですし、このメッセージはそもそもアメリカに届いているのか。日本向けのパフォーマンス程度と考えて良いと思います。


つづいて、日本への滞在理由は中国を監視するため。

このことから日本だけでなく、世界のいたるところに傍受の拠点が設けられていることがわかります。

 

だから中国はGoogleを禁止する、Amazonが入れないように自前でインフラを用意するなどをしているのかもしれないです。

 

盗み見ることができる情報は、メールだけでなくWebの閲覧履歴や電話音声、口座の残高、クレジットカード情報などインターネット上にあるものすべてです。

 

さらにGoogleや電話会社なども傍受に加担していたというから驚きです。まさに情報戦争で、アメリカはこの分野でも世界の数歩先を進んでいることがわかります。


世界的に見れば、これは本当に大きな問題なのですが、自分レベルまで話を落とすと少し様子が変わります。


実際のところ私の個人情報なんてたいした価値はないでしょう。
Web閲覧履歴が全世界に公開されたとしてもちょっと恥ずかしい程度で世界が変わることはない。

 

すでに日本にはかなりの数の監視カメラが設置され、意図せずとも行動は追跡されています。

 

ターゲットを絞り込めばメールや電話は割りと簡単に傍受できると思っており、実際のところ、テロの防止などに今でも使われているのではないかと思っています。

 

不正に使用されるのは許せませんが、犯罪の抑止力として正しく使ってもらえるのなら仕方ないのですかね。

 

あと20年もすれば、個人の行動はすべて監視されるようになり世界的に犯罪は激減するかもしれません。あ、こんな設定は映画でも良くありますね。

 

犯罪がなくなるのは素直にうれしいのですが、反対因子は徹底的に除去されてすべての人類が同じ方向を向いてしまう世界からは、破滅というキーワードしか浮かんできません。

 

ディセント

 

THE DESCENT [DVD]

THE DESCENT [DVD]

 

年に一度の冒険旅行を楽しむ6人の女友達。今年彼女たちが向かったのはアパラチア山脈奥地の地下洞窟だった。ケイビングを楽しむ探検のはずが、落盤によって出口が塞がれ、一瞬にして彼女たちは迷路のような暗闇の世界に閉じ込められてしまう。出口を探してさまよい歩く中で、やがて言い争いから仲間割れが発生。精神的にも肉体的にも疲労と恐怖が襲いかかる中、目の前に現れたのは、おぞましき光景と想像を絶する恐怖の始まりだった…。(C) CELADOR FILMS 2005

 

パッケージからホラー映画であろうと予想します。

タイトルのDescentは下降という意味ですから、ゾンビは出てこなさそう。底なし沼にでもはまる映画かなと見はじめました。

 

冒頭若い女性が川くだりをしている映像が流れます。
川くだりだからディセント?と思っていたら、川くだりはあっという間に終わります。

 

アジアの女性だけピンクの服を着ており、ちょっと目立ちます。
冗談で川に蹴落とされますが、すぐに這い上がり男性と妙な感じに。

 

アジアの女性と男性が家族なのかと思いきやどうやら違う様子。

 

数分間のこれらのシーン。
アジアの女性に目が行くような設定となっており、彼女が主人公かと思っていました。
これがラストのあのシーンにつながるわけですね。

 

冒頭の怪しいシーンが終わると本当の主役であるサラにカメラが切り替わります。
ところが、これもあっという間に事故をおこし生死不明の状態に。

 

目覚めたサラが一人ぼっちになった事実を知り泣き叫んでから1年後がメインの舞台となります。(結構長かった。。。)

 

グラマラスな女性6名が未踏の洞窟を探検するのですが、そこにはやつらが住んでいたのです。途中までは全員が生き残るパターンを想像していました。
なんだかんだいいながらも、彼女達の結束は固く困難にも立ち向かっていける仲だと思っていたのです。ですが、先走ったホリーが怪我をしたあたりから状況は悪くなる一方。


彼女達も善戦しましたが、メンバーはばらばらになり一人また一人と失われていきます。映画を通して、怖さよりも肉体的な痛さが印象に残りました。

 

それと忘れてならないのが女同士の醜い争い。

 

サラの行動は意地悪いですよね。どのような理由であれ一緒のほうが脱出できる可能性は高いと思うのですが。。。

 

生存することよりも、自分のプライドを優先するものなのでしょうか。
彼女も真実を告げればよかったのに。でもあの状況であれば信じてもらえないですか。

 

そしてラスト。たった一人になったサラは脱出できたのか?そんなうまい話あるのか?と思っていましたが、そうはいかなかった。

 

サラの子供の誕生日の映像が繰り返し流されるのは何の意味だろうと思っていたら、
たいまつはろうそくをあらわしていたんですね。

 

1年後だからろうそくを1本足して。そんな意味もあるのだと思います。

 

一つだけ気になったのは、サラって身内に襲われていますよね。骨折したホリーか、真実を教えてくれた子だと思っているのですが、赤すぎてどの子だったかは見分けがつかなかったのです。

 

アレは彼女だけ?他の子は変身しないのでしょうか。

 

この映画パート2も出されているみたいですね。
ちょっと気になりますが、現在は無料で見ることが出来ないみたいです。


パート2が待ち遠しいという感じでもありませんので、もう少し待ちたいと思います。