アマプラビデ王の日々

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

ロスト・バケーション

 

ロスト・バケーション (字幕版)
 

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシー(ブレイク・ライブリー)は休暇を利用し、ついにそのビーチを訪れる。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇が一転、恐怖に支配される。一匹の巨大な人喰いサメが彼女に襲いかかった―。脚を負傷し、大量に出血しながらも、無我夢中で近くの岩場に泳ぎ着いたナンシーは、自分が絶望的状況に追い込まれたことを知る。生存へのリミットが刻一刻と迫る中、彼女が選んだ究極の決断とは―。

パッケージの水着の女性。そのおびえた表情から何か良からぬことが起こるに違いない。

 

海といえば人食いサメ?それとも少し方向を変えて、イカ?タコ?いやいやそれとも今回はジュラ紀から生きている巨大生物か?

 

そんな思いで見始めたのですが、冒頭に登場した女性に何となく見覚えが。

ああ、この人はアデライン(ブレイク・ライブリーさん)ですね。

 

amazon365.hatenadiary.jp

 

 

主演女優に対していきなりケチをつけるのもみっともないのですが、この人は服を着ていたほうが映える気がするなぁ。

品のある上流階級のお嬢様だけども、心の中には熱い炎が燃え盛っているような役。

 

私の個人的な嗜好はおいておいて、どうやら今回の脅威はサメ。これがなかなか出てこない。

冒頭からなにか不穏な空気を感じるシーンが続くのですが、イルカが登場したり、でっかいクジラが登場したり。


やっとのこさ現れたサメはしつこく彼女に付きまといます。

 

彼女を助けてくれそうなものもいくつか登場するのですが、それらは一つ一つつぶされていき、とうとう彼女は体一つになってしまいます。

 

映画の中で気になるのが、母親が病気と闘って結局負けてしまったお話。
彼女も生き残るために一生懸命もがきますが、母親と同じ運命になってしまうのか、それとも彼女は生還できるのかわからないまま話が進んでいきます。


気になった点は2つ。

まずはビーチの名前を教えてくれないところ。登場人物が意図的に名前を教えなかったような印象があるのですがそれはなぜ?

 

秘密のスポットだから教えたくないとか、そんな理由ではないような気がするんだけどな。結局最後までビーチの名前が開かされることはありませんでした。


つづいて、あの白い海鳥。何かの象徴ですよね。
途中からかなり主要な存在として取り扱われたような気がするのですが、役割がよくわからない。

あちらの地域では白い海鳥は幸運の証なのか。それとも彼女に力を貸してくれる母親のような存在なのでしょうか。

灯台を噛みちぎるくらいかなりアクティブなサメなのですが、小島の上にいる彼女には手を出さない。

あのくらいの高さであれば、飢えたサメは乗り上げてくらいつきますよね。


それ以外にもあれ?とおもうところがいくつかあり、ちょっと消化不良な1本でした。
この映画、サメというよりかは素敵な金髪美人の水着姿を堪能する映画なのかもしれません。

 

こちらの原題はThe shallows(浅瀬)になります。うーん、現代そのままでもよかったような気がします。

映画のタイトルの訳って本当に難しいんだろうと思います。さて、次みます。