amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

アトミックブロンド

 

アトミック・ブロンド [Blu-ray]

アトミック・ブロンド [Blu-ray]

 

1989年、東西冷戦末期のベルリン。世界情勢に多大な影響を及ぼす極秘情報が記載されたリストが奪われた。イギリス秘密情報部MI6は凄腕の女性エージェント、ロレーン・ブロートンにリスト奪還を命じる。ベルリンに潜入中のエージェント、デヴィッド・パーシヴァルとタッグを組み任務を遂行するロレーン。彼女には、リスト紛失に関与したMI6内の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという、もう1つのミッションがあった。リストを狙い、ベルリンに集結する世界各国のスパイ。誰が味方で誰が敵なのかわからなくなる状況下、ロレーンと世界の運命は?(C)2017 COLDEST CITY, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

白い髪の毛の女性がハードボイルドに暴れまくる映画です。

 

舞台はベルリンの壁が崩壊する直前の東西ドイツ。壁が壊れる前は、あるいは壊れた後も、さまざまなスパイ活動があったと思うのですが、そのスパイのリストが流出したものだからさあ大変。

 

このままでは、リストに残された人物が上から順番に殺されてしまう。また、政治的にもこういったリストが漏れてしまうのは非常に問題です。

 

で、このリストの回収を命じられたのが主人公となる女スパイ。
スパスパとタバコを吸い、ウォッカをロックでがぶ飲みするのですが、とにかく無敵です。

 

警官や他のスパイに取り囲まれる、車ごと水没させられるなど、超絶ピンチに陥りますが、超絶アクションで切り抜けます。

 

火力は銃だけでど派手な爆発はありませんが、ロープを使ったりワインオープナーを使ったりと結構見ごたえがありました。

 

やっぱり男性vs女性となったとき、女性が狙うは一点に絞られるのでしょう。
金的攻撃は結構あり、思わず「本当にけられたら悶絶門だな」と思ってしまいました。

 

スパイものということもあり、アクション以外にもストーリーにもひねりが加えられて、だましだまされる構造になっているのですが、私には複雑すぎてついていけない。

 

邦画であれば登場人物の表情やしぐさでなんとなく敵役、味方役というのがわかるのですが、海外の映画ということもあって、見ただけでは誰が悪いかわからない。

 

ラストで同じ飛行機に乗った男女が結局はお仲間で、彼らの話が最終的な真実であとはただのブラフだったというわけなのでしょう。

 

まとめて時間が取れなかったので、2日に分けてみてしまったので、余計わかりづらくなってしまったのかと思います。

 

もう一回みることはないかなと思います。次いきます。