amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

ウォーリアー

 

ウォーリアー(字幕版)
 

アルコール中毒の父親を逃れ、母親とともに家を出たトミーが14年ぶりに実家に戻った。父の指導により、学生時代はレスリングの選手として名を馳せていた彼は、総合格闘技の大イベント“スパルタ”に出場するため、父にトレーナー役を依頼する。一方、トミーが家を出て以来、生き別れとなっている兄のブレンダンもまた、かつて格闘家だったが、今は教師として働いていた。しかし、娘の病気にかかる医療費のため家計は厳しく、銀行から自己破産をすすめられてしまう。愛する家族を守るため彼に残された道は、総合格闘技の試合で金を稼ぐことだった。奇しくも再び格闘技の世界へと足を踏み入れた兄弟が再会したのは、“スパルタ”の会場だった―。(C)2011 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

冒頭から漂う、まとわりつくような陰湿な雰囲気。

求めるものは金?名誉?そんなものじゃなくて家族とのつながりなのか?

 

超絶美形の妻とかわいい子供がいる兄。

父親からも逃げ、軍隊からも逃げてきた弟。

アル中で妻と息子に見捨てられた父親。

 

登場人物の心情が明らかになっていくにつれて、この映画の顛末は悲しいものになるのじゃないかと想像しました。

 

最後のシーン。

死闘を通して兄弟の関係を修復した2人は、肩を組みながらリングを退場します。

 

その時、父親はなぜかその場から離れるんです。

もう俺は用なしという意味なのでしょうか。

俺の出る幕じゃないということなんでしょうか。

 

格闘技の試合はとてもリアルで激しいのですが、最後まで重い雰囲気が払しょくされないままエンディングを迎えてしまいました。

 

2時間20分と長めの1本でしたが、それぞれの主人公が持つ複雑な思いを、戦うことによって解放したかったというのがこの映画のテーマなのかもしれません。

 

見る人によって登場人物の心情の解釈が分かれそうな作品です。

私には、いろんなものが手遅れとなってしまった、救いのない物語に思えました。