amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

南極料理人

 

南極料理人

南極料理人

 

氷点下54℃。家族が待つ日本までの距離14,000km 究極の単身赴任につく8人の男たち。この過酷な環境に生きる彼らにとっての最大のたのしみ―それは食事だった!?ユーモアたっぷりのヒューマンドラマの傑作!(C)2009『南極料理人』製作委員会

 

休日。寝る前に少しまとまった時間がとれたので以前からウォッチリストに入っていたコレを見てみました。

 

タイトルのとおり、南極の観測所に勤める料理人のお話。演じるのは堺雅人氏。はまり役です。

 

毎日の食事を作るのが主な仕事ですが、たまに実験のお手伝いをしたり、悲しくなって仕事をサボタージュしたりと、わりと人間味のあるコックです。

 

一方、観測所で働くメンバーもコック同様ゆるーい感じです。彼女に振られちゃったり、ラーメンが食べたすぎてちょっとおかしくなってしまったりと、平和な事件ばかりが続くのですが、登場人物のキャラの濃さのせいでしょう。
最後までとても楽しく見ることができました。

 

極寒の地で家族とも恋人とも一緒にいられない彼らにとって、唯一の楽しみはみんなで食べる三度の食事です。

 

おにぎりを握りるシーンをは、これまで見たことがないくらいおいしそうに撮られています。あのシーンを含めて、料理のシーンは相当気合を入れて撮られたに違いありません。

 

また、ラストの遊園地のハンバーガーを一口食べて、「うめー」というシーンも良かったとおもいます。人間の味覚は本当に不思議で、時と場所、一緒に食べる人などによってまったくかわってしまいますよね。

 

食事をとおして、泣いたり笑ったり、感動したり。食べることに関するしっかりとしたメッセージを受け取ることができました。

 

皆さんの評価がとても高かったのもうなずけます。

ゾンビもなし、爆発もなし、殺人も謎もないのにとても満足ができた1本でした。

 

見るものがなくて困ったら、とりあえず見ておけと言いたくなる1本でした。

 

オススメです。