amazonプライムビデオ レビュー日記

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで。。。

アイアムアヒーロー

 

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー

 

鈴木英雄。仕事は冴えない漫画家アシスタント。彼女とは破局寸前。そんな平凡な毎日が、ある日突然、終わりを告げる…。徹夜仕事を終えアパートに戻った英雄の目に映ったのは、彼女の「異形」の姿。一瞬にして世界は崩壊し、日常は非日常へと姿を変えて行く。謎の感染によって人々が変貌を遂げた生命体『ZQN(ゾキュン)』で街は溢れ、日本中は感染パニックに陥る。標高の高い場所では感染しないという情報を頼りに富士山に向かう英雄。その道中で出会った女子高生・比呂美と元看護師・藪と共に生き残りを賭けた極限のサバイバルが始まった…。(C)2016 映画「アイアムアヒーロー」製作委員会 (C)2009 花沢健吾小学館

 

8月末にamazonプライムビデオで解禁されることを知り、とても楽しみにしていた1本でした。

 

和製のゾンビ映画という観点ですと、とても良かったと思いますが、ラストがすこし消化不良になってしまいました。


冒頭のてっことの格闘のシーン。

ドアの隙間から見える人間?らしき生き物、アップになったゾンビの表情、ヒーローを襲う非人間的な動きなど、この映画面白いぞ!と思うのに十分な演出でした。

 

続くタクシーのシーン。
原作と少し話の進め方は違いましたが、国会議員らしい人の壊れていく感じ、
タクシーの運転手の狂っていく感じが本当によかった。

 

あれだけ体をそらせた状態でアクセル踏めるのか?タクシーの運ちゃん足長すぎだろうとは思ったのですが、最後の大クラッシュまで含めて、切羽詰った感じを冗長させる仕掛けで、こちらも大満足。

 

おお、このペースでどこまで行くのだ?と楽しみにしていたのですが、樹海で半ゾンビの比呂美ちゃんと信頼関係ができるシーンや、富士のモールあたりから雲行きが急に怪しくなってきまして…。

 

前半で力を出し切っちゃった感じなのでしょうか。


特に大型ショッピングモールでは、もう少し人間の欲望、つまり汚らしいところが見たかったんです。銃を奪われる経緯だとか、モールでの人間関係だとか、女の子2人だけが残ってしまう経緯だとか、時間の制約があるので、仕方ないのだと思いますが、もう少し引き伸ばしてじっくりと進めて欲しかった。

 

だって、夜につぐみが英雄のところに行くシーンがないじゃないの。

いや、あったけどそういうのじゃなくて…。あのシーン、結構好きなのになぁ。モールの見せ場としては、ゾンビを倒しまくるというところになるのでしょう。


高飛び選手のボスキャラ感を最後まで引っ張ったのは、ラストがあんな感じで終わるからなんですね。

 

続編があるのかと期待してしまうようなエンディングでしたが、今のところその予定はなし。ですが、さすがにあれじゃ終われないような気がするのです。

 

コロリ先生も冒頭しかいないし、比呂美ちゃんの無双シーンもないですし、混浴シーンもないし、来栖もいないじゃないの。

 

私は原作の終わり方は嫌いじゃなかったんですけどね。後半部分はすっ飛ばして、映画ではあっという間に終わってしまいました。

 

全体的にゾンビはクオリティは高く、評判はいいみたいなので、ぜひ続編を期待したいところです。

 

もし本当にゾンビが大量発生したらてっこみたいな感じで襲ってくるのかもしれない。それだったら、逃げ切れる気がしないな。。。