読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amazonプライムビデオ レビューにっき

プライム会員ならば見放題。人生最高の1本が見つかるまで映画をみつづけます。

きみに読む物語

ロマンス 外国映画
きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

きみに読む物語 スペシャル・プライス [DVD]

 

 療養生活を送る老婦人(ジーナ・ローランズ)の元に、足繁く通う老人(ジェームズ・ガーナー)が、物語を読み聞かせる。 それは、1940年の夏、南部の小さな町で始まる物語。休暇を過ごしに都会からやって来た17歳の令嬢・アリー(レイチェル・マクアダムス)は、地元の製材所で働く青年ノア(ライアン・ゴズリング)と出逢い、恋に落ちる。 けれど、娘の将来を案じる両親に交際を阻まれ、都会へ連れ戻されてしまう。 ノアは365日毎日手紙を書くが、一通の返信もないまま、やがて、第2次世界大戦が始まる…。(C)MMV NEW LINE HOME ENTERTAINMENT,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

恥ずかしながらこの歳まで、こんな素敵な映画があるなんて知りませんでした。

 

Amazonプライムで見た映画の中で、今のところ3本の指に入ること間違いなしの1本です。

 

いいですねー。これ。

人から「いいよ」とは聞いていたのですが、これほどとは。

 

序盤はごく普通にお話が始まります。この段階では特に感動もせず、ただぼんやり画面を眺めていただけでした。

 

物語が進むにつれ、次第に全体像が見えてきます。

 

目が離せなくなって、いったいどうなるんだろうか気になって仕方がないけど、終わってしまうと悲しいというあの感覚がやってきます。

 

そしてクライマックス。

あんな風に人を愛することってできるものなのでしょうか。

 

以前、安楽死を選んだ老夫婦が出演していたテレビ番組を見たことがあり、それを思い出しました。

 

高齢の夫が不治の病。

 

体が自由に動く元気なうちに、夫婦で旅行して、やりたいことをやって。

それから夫婦で1つの屋根の下で過ごすという、あたりまえだけど大切な時間をギリギリまで確保します。

 

痛みが強くなり、体が思うように動かせなくなり、夫婦で安楽死という結論を出しました。

 

夫は死に対して何の不安も感じていませんでした。

 

そして妻が選択したのは、もう少し生きるということでした。

 

彼女も十分高齢だったのですが、夫の最後を看取って、その他もろもろのことを片付けて、こちらが落ち着いたら逝きたいと。

 

現実的だなと思う反面、夫の死を受け入れる覚悟をした妻はえらいなとも思いました。

 

夫も妻の意見を尊重し、自分だけが先に旅立ちます。

家族が見守る中で、男性は何らかの液体を飲んで、そのまま眠るように亡くなります。

 

最後の言葉は、「みんなありがとう」でした。

 

映画のレビューとはあまり関係がない話が多かったですね。

どう生きるか、そしてどうやって人を愛するのか。

 

まだ見ていない方はぜひ、おすすめします。

センター・オブ・ジ・アース

アドベンチャー キッズ・ファミリー コメディ 外国映画
【初回限定生産】センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 Blu-ray & DVD(2枚組)

【初回限定生産】センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島 Blu-ray & DVD(2枚組)

 

 アイスランドで地質学の調査を行っていた3人が、洞窟の中で突然閉じ込められてしまう。脱出する道を求め地球の奥深く、地底160kmの世界を旅しながら、巨大な恐竜や、未知の生物などに次々と遭遇する。さらに地底の火山活動が活発化し、急いで地上へ戻る道を見つけなければならないのだが―!?(c)MMVIII NEW LINE PRODUCTIONS, INC. AND WALDEN MEDIA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 小学生の男の子のお子さんがおられる家庭におすすめします。

 

おっさんと美人と男の子が主人公の、アドベンチャー映画です。

 

隠れ家あり、洞窟あり、船出あり、恐竜ありで男の子が好きなものがちりばめられています。

 

物理法則を無視しているところがあったり、センター=地球の中心は高温で、こんな世界はないと言いたくなりますが、そこはぐっと我慢してください。

 

あくまで冒険映画として、子供と一緒に楽しみましょう。

 

男の子は冒頭、ゲームばかりしていると描写されます。

ゲームはいったん置いて、パパと一緒に冒険しようぜと言える一本です。

 

冒険してやるから、俺も地底王国に連れて行けと言われたら返す言葉もありませんが、同じ映画をみて感想を言い合うというのはコミュニケーションの一つであります。

 

私はあまり饒舌には話せないので、たまにこの方法をつかって子供と会話しています。

 

スターシップ・トゥルーパーズ3

外国映画 アクション

 

 人類VS.バグズの戦争は一進一退を繰り返し長期に及んでいた。次々と新種を生み出しながら、無限に繁殖し猛攻を仕掛けてくるバグズ。対する地球連邦軍も戦力を増強し、最終局面の第二次バグズ大戦に挑む。1作目の主人公ジョニー・リコをカムバックさせ、刺激的且つ風刺の効いたシリーズの原点に立ち返ると共に、前2作で実現出来なかったパワード・スーツ"マローダー"も遂に映像化。新種大型バグと新型のメカニック群との戦いを壮大に描いた人気SFアクション・シリーズ第3弾!

 

人間とバグズ(昆虫のおばけ)との戦いです。

 

国民的大スターが、バグズに魅了されて敵側についてしまってさあ大変。

大スターの裏切りによってこれまで余裕で防衛できていた前衛基地が、突破されてしまいます。

 

さらに、地球軍最強艦隊が停泊しているシークレット港の場所を入手しようと、バグズのボスが頑張りますが、直前でスーパー兵器を投入して返り討ちにしてしまうというお話。

 

最後の切り札である戦闘型ロボット(人間が乗れるやつ)がかっこ悪すぎて、もう少し何とかならなかったのかといいたくなりました。

 

確かにごっつくて強そうではありますけど、日本人の感覚とはちょっと違うのですかね。

 

バグズとの戦争は、迫力があって楽しめました。ボスキャラっぽいのがでてきて、あんなの本当にいたら人間はひとたまりもないだろうなぁ。

 

ただ、細かいところで引っかかった点もいくつかありました。

 

あれだけ技術が発達しているのに、あんなスコップつかって蛸壺堀りはないかなと。もしかしたら特殊な性能なのかもしれませんが。。。

 

また、主要な前線基地なのに、素人がやってきて簡単に停電にさせられるうえに、予備電源なども用意されていないなんて。

 

最後のシーンも、星が粉々になるくらいの爆弾なら、愛を語っている余裕なんてないぞ。とにかく逃げないと!

 

純粋に映画を楽しめればよいのに、最近はこんなところばかりつっこみたくなるんです。

 

いやだいやだ。